枠内で紹介したものと多少違う

調整方法もあります。

ここでいう調整はチューニングではなく、固いリードを吹きやすくすることです。

チャンターにリードを付け、直接吹いた場合に次のブローイング音のようなもの

が出せるかどうかです。できない場合、パイプ本体で吹いてもきついと思われます。

ブローイング・テスト -
00:00 / 00:00

1.下図の丸印の場所を20~30回つまんでください。

これで吹きやすくなれば、それで終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2.それでも固く、音が出にくい場合、音が出やすくなる(吹き込みに対し音の反応が良くなる)まで、下図の赤の部分をカッターやヤスリで少しずつ削ります。削りすぎると、EやFの音がフラットになりますので、注意が必要です。リードの先端部分は削らないよう、注意ください。

3. 2の工程で音が出やすくなった後、まだリードが固い場合(反応は良いものの吹きこみに高い圧が必要できつい場合)、吹きこみが快適になるまで下図の赤の部分をカッターやヤスリで削ります。両サイドをリードの表裏で、各部同量となるよう削ります。これによりCとDの音が高くなる可能性がありますので、テープを貼って音を低くくする必要があるかもしれません。

 

 

4.前述の1~3で「音が出やすくなる一歩手前」まで調整した後、リードを毎日3~5分吹きこむと、1週間から10日ほどで、ちょうど吹きやすくなる状態にリードが育つと思います。

5.リードに樹脂製リングを2、3重に巻くことで、音が出やすくなります。これによりチャンター音のピッチが上がる可能性があります。​Fがフラットな時もこの方法は効果があります。

 

6.それでも、演奏の直前にどうしてもリードが固くなってしまう場合があります。その場合、リードを丸ごと水に10~15秒間浸してください。そうすると吹きやすくなります。

© 2014 by D Throw. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic