革製パイプバッグの取り付け

穴の位置はこちらで確認することができます

  1. 直径28ミリの円定規を使い、油性ペンで円を描く。

  2. 穴開けはテナーの真ん中からスタート。円の中心から円弧に向けてニッパーで星状にカット。

  3. 貫通を防ぐため、テナーの真ん中の穴から左手の指を入れ添えつつ、残りの穴を同様にカット。

  4. ストックはフェラル部から、取り付ける位置の穴を通じてバッグ内に入れる。

  5. 穴の内側に水を塗布し、ストックをバッグの内から外に引き出す。これにより、穴の拡大による革の裂けを防止。

  6. チャンターストックの溝には何も巻かない。巻くと革の食い込みが浅くなり、空気漏れが発生する恐れがあります。

  7. チャンターストック部に挟む革片の長さは約8センチ。革片は、柔らかいものがベスト(食い込みが良くなる)。革片はザラザラした方が外側(タイインのコードが滑りにくい)。

  8. 空気漏れがある時、漏れのある箇所に革片を追加する(片側2個も可能)。

もっと見る

© 2014 by D Throw. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic