革製パイプバッグ取り付け

1.直径28ミリの円定規を使い、油性ペンで円を描く。穴の位置はこちらで確認できます。

2.穴開けはテナーの真ん中からスタート。円の中心から円弧に向けてニッパーで星状にカット。

3.貫通を防ぐため、テナーの真ん中の穴から左手の指を入れ添えつつ、残りの穴を同様にカット。

4.ストックはフェラル部から、取り付ける位置の穴を通じてバッグ内に入れる。

5.穴の内側に水を塗布し、ストックをバッグ内から外に引き出す(穴の拡大による革裂け防止)。

6.チャンターストックの溝とそこから1段上がったストック表面に粘着ラバー「ブルタック」を付ける。

7.チャンターストックに挟む革片は、ザラザラした方が外側(タイインのコードが滑りにくい)。

8.空気漏れがある時、漏れのある箇所に革片を追加する(片側2個も可能)。