パイプチャンターのチューニング

 

1. チャンターの指穴にテープが貼られている場合、全て外します。

2. 次にチャンターのLow-AとHigh-Aのバランスを取ります。具体的には、Low-AとHigh-Aの間が1オクターブとなるようにします。High-AがLow-Aに対しフラットな(低い)場合、チャンターリードのヘンプを少し解くなどして、より深く差し込む必要があります。High-AがLow-Aに対しシャープな(高い)場合、チャンターリードにヘンプをさらに巻くなどして、より浅く差し込むようにします。いずれの場合も、リードがリードシート(リードが入る窪み)にしっかり、安定した状態で装着されるように気を付けてください。1オクターブとなるまで、上記のようにリードの深さを加減します。

3. 次にLow-Gを確認します。Low-Gがシャープな(高い)場合、チャンターのソールに近い場所にある両側の穴の上部にテープを貼って、Low-Aと同じ周波数(ピッチ)となるようにします。この時、Low-AとEの音も影響を受ける可能性がありますので、確認が必要です。

4. Bから上の音もシャープな(高い)場合、穴(穴の上部)にテープを貼って、Low-Aと同じ周波数(ピッチ)となるようにします。いずれかの音がフラットな(低い)場合、ステップ1に戻りチャンターリードのヘンプを少し解くなどしてより深く差し込むか、リードの先端部(開口部)をつまんでその音が高くなるようにする必要があります。

 

5. 4で特定の音、例えばCやDの音だけが低い(フラットである)場合、リードをより深く差しこんでピッチを上げることもできますが、その場合、適切なピッチ調整ができていたLow-A、F、High-Gなども同時にピッチが上がり、チューニングが発散することがあります。その場合、リードを深く入れる代わりにLow-A、F、High-Gなどにテープを貼り、CやDの周波数(ピッチ)に合わせることで、全体のチューニングがうまくできることがあります。この場合も、Low-AとHigh-Aの間が1オクターブとなっているか確認し、必要があれば調整してください。

 

6. テープを貼って特定の音を低くする時の注意点です。Low-Gを低くすると、Low-AとEの音も低くなる可能性がありますので、確認が必要です。Low-Aを低くすると、Eの音も低くなる可能性がありますので、確認が必要です。High-Gを低くする際、穴を半分以上テープで塞ぐと、安定した音が出なくなる恐れがあります。

 

7. High-Aからクリアな音が出ない(ガーガーのように鳴る)場合、吹き込む圧力を上げる、リードの先端(1mm~1.5mm)を僅かに削る、ヘンプをさらに巻きリードをより浅く差し込む、等で解決することが多いです。

★チューニングテープを貼る場所

© 2014 by D Throw. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic