ケルト・ドロンリードの使用方法

 

◆テナーリード2本とベースリード1本をバグパイプに装着します。 装着してグラつくようでしたら、下図のシートの

   上からヘンプを巻いて、バグパイプにしっかり装着してください。

 

 

 

 

 

 

◆ブリドルを僅かに上下させることでリードの強さを調整できます。下げるとリードの強さが小さくなり、上げると

 リードの強さが大きくなります。

◆ブリドルの位置は、リードをパイプに付けて直接空気を吹き込んだ時、タンがシャットダウンする一歩手前の位置

 が理想です。

◆リードの長さは、チューニングスクリューを上下させることで調整できます。この調整により、テナーのドロン上部

 がチューニングピンのヘンプラインに来るようにできます。ケルト・ドロンリードのスクリューは、リード本体下部の

 内部にあり、付属のレンチで回転させることで、スクリューが上下します。

​ 内蔵型のスクリューは事前に調整されていることが多く、お客様が調整する必要は、ほとんどありません。

シート

​ブリドル

タン

​チューニングスクリュー

ヘンプライン

© 2014 by D Throw. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic