< バグパイプを吹きやすくするコツ >

 

バグパイプを吹きやすくするためのヒントです。

​​一つの不具合が、楽器全体を吹きにくくする傾向にあります。

ブローパイプの内径

内径が大きいほど、楽器が演奏しやすくなります。

 

ブローパイプの長さ

体格に合ったものがベストです。 長さ:8インチ(20.3cm)、9インチ(22.9cm)、10インチ(25.4cm)

パーツの接合部

ヘンプ(巻き糸)の緩みや不足があるとパーツの接合部に空気漏れが起こり、音程やチューニングに

影響するだけでなく、楽器の演奏もきつくなります。

 

パイプバッグの気密度

空気漏れ等でパイプバッグの気密度が下がると、楽器の演奏もきつくなります。

チャンターリードの強さ

チャンターリードが強い(硬い)と楽器の演奏もきつくなります。チャンターリードを調整し、柔らかくすると

ドロンリードもタンの長さを短くし(ブリドルの位置を変更し)、強さを緩める必要があります。

この場合、一方だけの調整ではなく、両方のバランスをとる必要があります。

 

ドロンリードの強さ

ドロンリードが強い(タンが長い)と楽器の演奏もきつくなります。​ドロンリードのタンの長さを短くし

(ブリドルの位置を変更し)、強さを緩めると、チャンターリードも柔らかくすると必要があります。

この場合、一方だけの調整ではなく、両方のバランスをとる必要があります。

© 2014 by D Throw. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic