シェパード・ドロンリード(SM90)の使用方法(手順)

箱から取り出して、テナーリード2本とベースリード1本をバグパイプに装着する。
装着してグラつくようなら、白いヘンプの上からさらにヘンプを巻いて、しっかり装着する。
バグパイプの穴の方が小さく装着できない場合、白いヘンプを多少取り外して、しっかり装着する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扱いやすさの観点から、白いプラスチック製のカラー(プラスチック製のチューブ)は、取らずにそのまま付けて

おくことをお勧めします。カラーが付いている状態で476~480Hz近辺になります。

 

ロックリングを少し回して緩めるとチューニングスライドを伸縮でき、リードのピッチを調整できます。
(カラーが付いた状態では、伸縮不可能)

黒いプラスチック製のブリドルを上下に少し動かすことでリードのタンの開きとリードの鳴り具合を調整できます。

<リードが止まる場合の対処方法>

ブリドルを指で押さえた状態で、名刺のような薄いカードをリードのタンの下に差し込む。

ブリドルを少し動かして、タンの開きを大きくする。

<工場出荷設定値>

テナーリードのタンは、ブリドルから出ている長さが14mmに工場出荷時に設定されています。
ベースリードのタンは、ブリドルから出ている長さが19mmに工場出荷時に設定されています。

カラー
ロックリング
ブリドル
チューニング
スライド

© 2014 by D Throw. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic