マッカラム・バグパイプ

バランストーン・ドロンリードの使用方法(手順)

リードシート(Reed Seat)をリード本体(Reed Body)から外してください。

リードシートをつまんで回しながらゆっくり引っ張ると本体から外れます。

リードシートがドロンにしっかり装着されるよう、リードシートにヘンプを巻いてください。

リードシートの肩の部分に小さな溝があります。そこにヘンプを挟んで巻き始めると楽に作業ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リードシートをドロンにしっかりと装着してください。その後、リード本体(Reed Body)を回しながら、

リードシートに挿入してください。

ブリドル(Bridle)を僅かに上下させることでリードの強さを調整できます。

下げるとリードの強さが小さくなり、上げるとリードの強さが大きくなります。

リードの長さは、リード本体(Reed Body)を上下させることで調整できます。

この調整により、テナーのドロン上部がチューニングピンのヘンプラインに来るようにできます。

白いプラグ(White Plug)を回転させることで、リードの開き口(Aperture)の大きさを

調整できます。通常、開き口が100%開いている時、リードはベストな音色を奏でます。

空気の消費を抑えたい場合やドロンの音を小さくしたい場合、この開き口を小さくしてください。

開き口が完全に白いプラグで塞がれると、音が止まります。
 

​このドロンリードによる演奏です。

© 2014 by D Throw. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic