イージードロンリードの使用方法

箱から取り出して、テナーリード2本とベースリード1本をバグパイプに装着してください。

装着してグラつくようでしたら、シート(Seat)の上からヘンプを巻いて、バグパイプにしっかり装着してください。

もしバグパイプの穴の方が小さく装着できない場合、シートにある黒いラバーにカッターで切れ目を入れて、

黒いラバーを取り外してください。そこにヘンプを直接巻き付け、バグパイプにしっかり装着してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリドル(Rubber Bridle)を僅かに上下させることでリードの強さを調整できます。

下げるとリードの強さが小さくなり、上げるとリードの強さが大きくなります。

ブリドル(Rubber Bridle)の位置は、リードをパイプに付けて直接空気を吹き込んだ時、タン(Tongue)

がシャットダウンする一歩手前の位置が理想です。

 

テナーリードについて、ドロン音の鳴り方が下の動画の1分40秒時点の鳴り方になるぐらいが良いと思います。

ベースリードについて、動画の3分3秒時点のように鳴るように調整してください。

リードが途中から鳴らずに音が止まる場合、ブリドルをほんの僅か上げてください。

 

 

 

 

 

リードの長さは、チューニングスクリュー(Tuning Screw)を上下させることで調整できます。

この調整により、テナーのドロン上部がチューニングピンのヘンプラインに来るようにできます。

© 2014 by D Throw. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic