バグパイプのお手入れ

bagpipe_accessories.jpg

オイル塗布

年に1回以上、バグパイプの内側と外側にオイルを塗布することを

おすすめします。バグパイプを良好な状態にし、ひび割れを防止します。

木製部の磨き方

ブラックウッドワックスで磨くことで、木製部に光沢と輝きを取り戻します。

金属部の磨き方

メタルポリッシュで磨くことで、金属部に光沢と輝きを取り戻します。

 

ヘンプ

ヘンプを巻いている箇所は、ヘンプのゆるみが無いようエアタイト(気密)

にしてください。チューニングを行う箇所のヘンプは、片手でドロン管を

上げ下げできる程度に巻きます。

マウスピース

マウスピースプロテクターを定期的に取り換えることで、マウスピースの

防菌・劣化防止となります。吹き込む呼気も衛生的になり、バッグ内が

きれいに保たれます(バッグの劣化防止)。

ドロン管とチャンター管

ドロン管、チャンター管の内側、指穴に異物や埃があると楽器の音色

に悪影響を与えます。定期的に、クリーニングブラシクリーニングクロス

で掃除することをおすすめします。

パイプバッグ

バッグは、エアタイト(気密)になっているか定期的に確認ください。

ストックにゴム栓をし、バッグを膨らませることでエアタイトになって

いるか確認できます。ジッパー付きのバッグはジッパー部に定期的

(2~3か月に1回程度)に潤滑剤を塗ってください。合成バッグは、

定期的に内側を除菌スプレーで拭くと、バッグ内が衛生的に保たれ、

バッグの劣化防止につながります。

 

演奏後

一日程度、楽器をケースから出したままにし、除湿してください。

バッグのジッパーを開け、チャンター管をストックから外すことで湿気が

逃げやすくなります。チャンター管は、リードを付けたまま、プロテクター

付けて保管します。調律を保ちながら、リードを乾かすことができ、リード

が長持ちします。ドロン管の内側に水滴がある場合、たわみや割れの原因

となりますので、スルースワブで拭き取ることをおすすめします。